2013年8月

氏郷が遺したもの  会津漆器

会津漆器は歴史的にみて、輪島塗、津軽塗よりも早くから盛んとなっていました。氏郷が会津に入ると、日野から生地師や……

続きを読む>>

氏郷、まちづくりの才

近江・日野から氏郷は2回の転封の度に地名を変えています。伊勢では松ヶ島を松坂に、陸奥、黒川を若松に。氏郷はただ……

続きを読む>>

氏郷エピソード 西村氏

氏郷に西村という家臣がいました。彼は非常に優秀な男で、氏郷の信望も厚かったのですが、ある戦で勇み足から軍規違反……

続きを読む>>

氏郷のロザリオ

氏郷はいつも大きなロザリオと十字架を胸に、腰には馬上杯を提げていたといいます。近年、氏郷の盟友、高山右近の天主……

続きを読む>>

会津万歳

戦国時代に京や大坂などに声聞師と呼ばれる語りや舞いなどをする芸能人がいました。秀吉はかれらを三河に集め住まわせ……

続きを読む>>

千少庵の恩

「こうしん夏書」によると利休七哲の筆頭は蒲生氏郷、2番高山右近、3番細川忠興、四番芝山宗綱、5番瀬田掃部、6番……

続きを読む>>

お伽衆 千利休

戦国時代にお伽衆という役職がありました。主君に武勇伝、民話、怪談話し、また諸国の動静などを講釈する役割や、時に……

続きを読む>>

會津に響いた南蛮音楽 2

南蛮音楽を楽器と共に最初に日本に持ち込んだのは、フランシスコ・ザビエルでした。当時の西欧には教会音楽と民衆の世……

続きを読む>>

会津に響いた南蛮音楽 その1

キリシタン大名であった氏郷は、本気で「愛の国」を作ろうとしていました。宣教師ヴァリアーニが帰国する際、氏郷はそ……

続きを読む>>

氏郷エピソード 伊達正宗

伊達正宗が蒲生氏郷に刺客として送り込んだ清十郎という16歳の少年。奉公させるという形でスパイ活動をさせ、隙を伺……

続きを読む>>